[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

active ftp と passive ftp の違い



スポンサーリンク



active ftp と passive ftp の違いに関して説明します。

active ftp



コマンド送信に21番ポートを使用します。データはクライアント側が受信側となり20番ポートで待ち受けます。
Windows標準のCUIベースのftpはactiveのみであり、passiveにはできないようです。(Windows 7で確認しました。)

このWindows標準のコマンドプロンプトの FTP は Firewallの問題で外部サイトで接続できないケースが多いです。

コマンド:クライアント(任意)→サーバ(21)
データ :クライアント(クライアントが指定の任意)←サーバ(20)


passive ftp


コマンド送信に21番ポート、データ受信も21番ポートを使用します。
IEなどはpassive モードのftpとなります。両方とも中から外向きなのでFirewallでも許可しやすくなります。

コマンド:クライアント(任意)→サーバ(21)
データ :クライアント(任意)→サーバ(サーバが指定の任意)



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]