[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

リモートデスクトップサービスが接続できない場合の確認方法



スポンサーリンク



Windows のリモートデスクトップサービスでどうしても接続できない場合の確認ポイントを説明します。

Windows Firewall


互いのWindows Firewall の設定を確認します。
どちらか一方でもブロックしている場合は、通信できません。

PING


互いにPINGを送信してネットワークのIP層レベルで接続可能かを確認します。
PINGの応答が無ければ、そもそもネットワーク的に問題がある可能性があります。ただしセキュリティ上の理由でPING応答が無効化されている場合もあります。

telnetで確認


telnet コマンドで確認してみます。

telnet <ipaddress> 3389
(*)応答がない場合、抜けるには[Ctrl] + ]


「接続中: 10.0.0.1...ホストへ接続できませんでした。 ポート番号 3389: 接続に失敗しました」と出たら、そもそもリモートデスクトップにネットワーク回線として接続できてない可能性があります。
途中の経路のどこかでファイアウォールやルーターでこの3389番ポートがブロックされている可能性があります。


ポート番号の変更


port 番号が 3389 から変更されている可能性があります。相手先のリモートデスクトップサーバの設定を確認します。


ユーザの許可


接続先でユーザが許可されていない可能性があります。許可されたユーザの設定を確認してください。



(参考)
以下は netsh コマンドでファイアウォールを有効化、無効化する設定です。
有効化

netsh advfirewall firewall set rule group="リモート デスクトップ" new enable=Yes


無効化

netsh advfirewall firewall set rule group="リモート デスクトップ" new enable=no


無効にすると遠隔地にあるサーバなど現地に行かないとログオンできなくなるので注意が必要です。



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]