[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

隠しファイルを表示する3つの方法



スポンサーリンク



Windows のファイルには属性を付けることができます。
以下のような属性があります。

R Read-only file attribute. (読み込み専用)
A Archive file attribute. (アーカイブ済み)
S System file attribute. (システムファイル)
H Hidden file attribute. (隠しファイル)
O Offline attribute. (オフライン属性)
I Not content indexed file attribute. (未インデックス)
X No scrub file attribute.
V Integrity attribute.
P Pinned attribute.
U Unpinned attribute.

この中で隠しファイル属性 (H) が付いていると、通常では表示されません。

隠しファイルを表示する3個の方法を紹介します。

(1)attribu コマンドを使用する。
attrib コマンドなら隠し属性が付いていても表示されます。


C:\>attrib *.sys
A SH I C:\hiberfil.sys
A SH C:\pagefile.sys
A SH C:\swapfile.sys


(2)dir で属性指定
dir は属性を指定可能です。 h 属性を付けて表示します。


C:\>dir /a:h *.sys
ドライブ C のボリューム ラベルがありません。
ボリューム シリアル番号は ****-**** です

C:\ のディレクトリ

2017/12/** **:** 6,***,***,*** hiberfil.sys
2017/12/** **:** 4**,***,*** pagefile.sys
2017/12/** **:** 2**,***,*** swapfile.sys


(3)
エクスプローラの表示オプションを変更します。

エクスプローラですべてのファイルが表示される設定

その他も方法があるかもしれませんが、ここでは省略します。



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]