[トップページへ] [Windows 8 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 8

クラッシュ時にStop エラーコードを表示する設定



スポンサーリンク



Windows 7やそれ以前のバージョンでは、OSがクラッシュした場合に詳細のクラッシュの原因が表示されました。
しかしWindows 8 以後ではシンプルな画面に変更されました。

ただしエンタープライズ、企業で使用する場合は、障害が発生した場合は原因を追及する必要があるため、ストップコードなどを知りたい場合も多いでしょう。
そのような場合に設定を変更する手順を紹介します。ただし事前に設定を入れておく必要があります。ブルースクリーンが発生してから設定を入れてるのではありません。

(1)以下の参考ページより「Fix482230」をダウンロードしてインストールします。(2017年6月11日現在ではWindows 8用のみであり、Windows 10用は見つかりませんでした。探し方が悪いのかもしれません。)

参考:Windows のブルー スクリーンに stop エラーの情報が表示されません。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2929742/stop-error-information-isn-t-displayed-on-the-blue-screen-in-windows

(*)修正ファイルはメールアドレス宛に送信されます。「ご依頼の修正プログラムのダウンロード リンク」というリンクがメール送信されるため、そこからダウンロードします。

(2)レジストリ修正
以下のレジストリを修正します。

キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\CrashControl
値:

データ:DisplayParameters

0 ‐ ストップ情報を表示しない(今まで通り)
1 ‐ ストップ情報を表示する



スポンサーリンク





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2017

[Windows 8 FAQ 一覧に戻る]