[トップ] - [Windows 10 FAQ 一覧]

対象:Windows 10

UWP アプリのデバイスへのアクセスを簡単に制御する





アプリのアクセス権を設定する


Windows のアプリ (UWP) のアクセス制御を簡単に行う方法を紹介します。
Windows 10 バージョン1803以後でご確認ください。

参考:
Windows 10のバージョンを確認する方法

購入、ダウンロード、インストールしたアプリが「カメラ」「マイク」「バックグランドアプリ」「位置情報」「連絡先」「カレンダー」「メール」などへアクセスしていないか心配になります。

そんな場合に明示的にこれらを制御する方法です。気になる方は一度すべてチェックしてみるとよいでしょう。

手順


(1)設定アプリを開きます。(*)[設定アプリ]は [Winキー] + [I] キーで開けます。
(2)[アプリ]を選択します。
(3)以下のようにアプリ一覧が表示されますので、対象のアプリを検索します。

アプリ一覧が表示される



(4)
UWPタイプのアプリの場合、「詳細オプション」が表示されます。クリックします。
逆に表示されない場合は Win32 Native なアプリケーションの可能性があります。

(5)以下のようにリソース一覧および「オン/オフ」が表示されるため、好みに合わせて制限を行います。

リソースアクセス制御



アクセス禁止にした結果



例えばメールアプリに関してカレンダーへのアクセスを禁止した場合、以下のエラーが発生します。

メール、カレンダーアプリがリソースへアクセス失敗




連絡先にアクセスできませんでした。連絡先のプライバシー設定を調べて、メール/カレンダーへのアクセスが許可されていることをご確認ください。






(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]