[トップ] - [Windows 10 FAQ 一覧]

対象:Windows 10

which に相当する Windows のコマンド | 実行可能ファイルのパスを確認





which コマンドの Windows 版)


Unix 系のOS(Linuxなど)では実行可能ファイルのフルパスを探す which コマンドというのが存在します。
Windodws でも同様のコマンドはあるのでしょうか。
該当するのは whereというコマンドです。

カレントフォルダ、path で指定された順に実行可能形式(exe, bat, comなど)を検索します。両方で見つからない場合は"情報: 与えられたパターンのファイルが見つかりませんでした。"と出力します。
PC内に存在していてもカレントフォルダに存在しない、環境変数の patu で指定されたフォルダ内で見つからない場合は、上記のメッセージ出力となります。

このコマンドは主に複数の同じ名前がある場合にどのコマンドが実行されるか事前に確認する目的で使用されます。

実行例



driverquery.exe (ドライバの一覧を表示) の場所を探します。


C:\>where driverquery
C:\Windows\System32\driverquery.exe



カレントフォルダに test.bat というファイルがあるため検出しています。

C:\temp>where test.bat
C:\temp\test.bat



c:\pagefile.sys は存在しますが実行可能ファイル(exe, bat, comなど)ではないため検出されません。


C:\temp>where pagefile.sys
情報: 与えられたパターンのファイルが見つかりませんでした。



複数存在する場合はすべて表示されます。

C:\temp>where test
C:\temp\test.bat
C:\Program Files (x86)\Gow\bin\test.exe





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]