【CentOS】 useradd と adduser は一体何が違うのか?

スポンサード リンク

このページでは CentOS7環境における、useradd コマンドと adduser コマンドの違いに関して説明します。両方ともユーザを追加するコマンドです。実はadduser は useradd へのシンボリックリンクとなっており、同じコマンドとなります。しかし他の Linux ディストリビューションでは全く別のコマンドが準備されているものもあるため注意してください。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明useraddadduser
概要ユーザを追加するコマンドファイルユーザを追加するコマンド
ただし実態は useradd へのシンボリックリンク
ファイル詳細# ll /usr/sbin/useradd
-rwxr-x---. 1 root root 118192 11月 6 2016 /usr/sbin/useradd
# ll /usr/sbin/adduser
lrwxrwxrwx. 1 root root 7 9月 10 17:14 /usr/sbin/adduser -> useradd

関連リンク:
似たような Fedora、Redhat、CentOS は一体何が違うのか







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。