Excel の拡張子である xls, xlsx, xlsxm の違い

スポンサード リンク

このページでは Microsoft Excel (Officeのファミリーの一つ)である Excel の拡張子に関して説明します。

拡張子の違いで役割が全く違うので、使い方をしっかりと把握しておく必要があります。

Excel 保存時の拡張子

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明xlsxlsxxlsxm
概要Excel 2003までのExcel形式の標準の拡張子。
Excel 2007以後のExcel形式の標準の拡張子。ただしマクロの実行は不可。
Excel 2007以後のExcel形式の標準の拡張子。ただしマクロの実行は不可。
マクロの実行可能(設定による)×可能(設定による)

Excel 2007以後でも今のところは xls 形式のファイルは開くことはできます。(いつまでサポートされるかは不明)

なぜ.xlsx と .xlsm で分かれているかというと、セキュリティ上の理由が大きいと思います。
ExcelなどのOffice文書にはマクロ機能が搭載されています。マウロによりプログラムが実行可能です。
ただし悪意のマクロが含まれている場合など脆弱性を狙い情報を盗まれたりadministartor権限が乗っ取られたりする可能性があります。
よって明確に分離し、 xlsx を開いている間はマクロの実行が禁止されるので安心ということです。(特に他から受け取ったファイル)
逆に xlsmファイルを開く場合は十分に注意が必要です。入手元が十分安全であることを確認しましょう。あなたのPCでマクロが実行される可能性があります。

一方でファイルを作成する場合、マクロの必要性がないファイルなら xlsx として保存するべきです。これなら実行する場合もある程度安心できます。

このような理由でマクロ有り、無しで分かれているものと思われます。







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。