[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧] > [情報リテラシとコンピュータリテラシーの違い]

情報リテラシとコンピュータリテラシーの違い



このページでは情報リテラシとコンピュータリテラシーの違いに関して説明します。

リテラシー:本来は「読解記述力(物事を理解し、自分の言葉で表現する能力)」という意味だが「識字率」という意味で使われることが多い。

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明コンピュータリテラシー情報リテラシー
概要コンピュータを扱う能力。
情報を理解し活用する能力。
(1)情報を探し、(2)情報を精査し,(3)情報を活用
Officeなどによる文書作成力。
メール作成、送信。
デジカメによる撮影、画像の保存。
など
(1)インターネットからの統計情報を収集。複数のソースから情報を収集。
(2)収集した各情報の真偽の判断。
(3)これらの統計情報からビジネス戦略を展開。
スペルComputer LiteracyInformation Literacy


[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧]
,







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。