C2C、C2B、B2C、B2Bの違いの比較表

スポンサード リンク

このページではE-コマース用語である、C2C、C2B、B2C、B2Bの違いの比較表で説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表ターゲットはコンシューマ(Consumer)ターゲットはビジネス(Business)
提供はビジネス(Business)B2C

(Business-to-Consumer)

企業が消費者に物やサービスを提供する。

インターネットの販売サイト、特に家電販売店のインターネットサイトなど。

個人向けなのでCMの費用がかさむ傾向がある。

例:楽天市場、Amazon.com、dell.com、Zozotown

B2B

(Business-to-Business)

企業が企業に物やサービスを提供する。(企業間取引)

一般的な商取引。商社間取引や、卸問屋小売店など。原材料や部品の電子調達などが主流。

CMが不要なため一般消費者に企業名を知られない場合もある。

例:IBM、Vertical.net、alibaba、Paypal

提供はコンシューマ(Consumer)C2C

(Consumer-to-Consumer)

消費者が消費者に物やサービスを提供する。

オークションサイト、フリーマーケットサイト、レビューサイトなど。

個人向けなのでCMの費用がかさむ傾向がある、。

例:メルカリ、ヤフオク、eBay.com、クラウドワークス

C2B

(Consumer-to-Business)

消費者が企業に物やサービスを提供する。

リサイクルサイト、アフェリエイトなど。

例:Priceline.com、A8.net

関連リンク:

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。