CPU と GPU の機能的の比較表

スポンサード リンク

CPU と GPUの違いを説明します。GPUは以前は主にゲームのグラフィックの高速表示に活用されていましたが、最近ではブームの AI のディープラーニング処理にも使用されています。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明CPUGPU
正式名所Central Processing Unit

(中央計算装置ということ)

Graphics processing unit

)画像処理装置)

概要コンピュータのメインの計算処理を行うCPU以外に付属的にコンピュータに付けて使用する。CPUでは荷が重い画像処理やディープラーニング処理をCPUの代わりに計算する。
コア数1〜8コアなど50、100、1000、2000コアなど
密度密度が低い密度が高い
計算機能豊富な命令一部の命令のみに特化
並列度並列度は低い。1コアなら並列処理なし。並列処理計算
周波数周波数は高い。

要するに計算処理ユニットは少ないが、計算速度は早い。

周波数は低い。

要するに計算処理ユニットは多いが、それぞれの計算速度は低い

特徴少量の複雑な計算に向いている単純な計算を大量に並列処理する場合に向いている。

複雑な少量の計算を処理すると並列処理できないため、逆に極端に遅くなる。

用途一般的な PC や PCサーバのメイン処理。グラフィック処理やAIのディープラーニングなど短期間で多くの計算が必要なシステム。

関連リンク:
CPU、GPU、AI専用プロセッサの違いとは

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。