CR と LF の違いを簡潔に説明

スポンサード リンク



このページでは制御コードである「CR」と「LF」の違いに関して説明します。

Windows では主に「CR」「LF」が改行として使用されます。
UNIX系では主に「LF」のみが改行として使用されます。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明CRLF
概要カーソルを先頭に戻す「制御コード」(*)次の行に移る「制御コード」(*)
呼び名キャリッジリターン(Carriage Return)ラインフィード(Line Feed)
改行コードとしての使用方法Windows 系では 「CR」+「LF」組み合わせで改行を示す場合が多い。(*)Windowsで「LF」のみで改行を表すソフトもある。

古いMAC OSでは「CR」のみで改行を表していたようです。
UNIX系では 「LF」単独で改行を示す場合が多い。
考え方カーソルを行の先頭に移動した後で次の行に移る。Windows系ではこの二組の操作で改行と考える。次の行に移る場合、自然に考えると改行となる。UNIX系ではこれだけで改行を考える。
その他表示方法\r\n

大昔のタイプライターでは改行処理を「CR」「LF」でしたのでそれが由来のようです。

(*)「制御コード」とは表示文字ではなく、カーソルの動きを表す文字となります。別名「制御文字」とも呼びます。その他「ベル」「後退」「タブ」「改ページ」「復帰」「シフトアウト」「シフトイン」「置換」「拡張」など様々なものがあります。







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。