RDBMS と NOSQL の違い | データベース

スポンサード リンク

NOSQLとは単純でありかつ大量のデータを簡単に処理するために設計されたデータベース。RDBMSと比較して単純。RDBMSのような複雑なSQL文で問い合わせるのではなく、主に Key-valueというキーと値という簡単なアクセス方法を取る。ビッグデータのような単純で大量のデータ処理に向いている。

RDBMS の必要がないデータベースはNOSQLで設計することを検討する。特に画像、文書、統計データなど非構造化データはRDBMSにとっては苦手なデータとなるので、NOSQLでの設計を検討するべきである。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明RDBMSNOSQL
概要・複雑なことデータベースや複雑な処理ができる。

・遅い。

・難しいSQLを習得する必要がある。

・SQLと比較して簡単なデータベースと問い合わせ。逆に複雑な問い合わせはできない。

・オブジェクティブストレージと相性が良い。

・スケールアウトしやすい。

対象データ複雑でリレーションがあるデータ向け。

単純で量が多いデータ向け。(ビッグデータ)

重視する事項・一貫性

・整合性

・スケールアウトのし易さ

・開発すビード

アクセス方法複雑なSQL文

簡単な key-value-store

・Oracle

・MS-SQL

・MySQL

・MongoDB

・HBase

・Cassandra

・Google BigTable

・Amazon DynamoDB

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。