RPA と 自動化の違い

スポンサード リンク

このページでは RPA と 自動化の違いに関して説明します。
工場のオートメーションなどパターンが決まった同じ動きをする仕組みは比較的自動化が可能です。しかしITシステムにおける人間のPC作業などは、画面の認識、文字の認識、判断、マウスやキーボードの細かい作業など、コンピュータにとっては苦手な作業でした。しかし文字認識やAIにより実現が可能となってきました。さらに「働き方改革」「少子化の人手不足」が後押しして、PCシステムの自動化が加速してきています。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明RPA自動化
概要RPA とは新しい言葉。工場などはすでにオートメーション化(自動化)による組み立てが普及しているが、これを IT システムに広めたもの。
しかし文字認識、思考判断などコンピュータが苦手な作業が多く、今までは実現してこなかった。
それをAIやコグニティブの発展により実現可能となってきた。またPC作業は定形化(テンプレート化)が困難であったが、AIシステムにより可能となってきた。
人が動かすものを自動化すること。主に生産工場におけるロボット導入による自動化を言う。
RPAも自動化の一つ。

関連リンク:
RDA、RPA、マクロの違いに関して
RPA と AI の違い







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。