RPO と RTO の違いを理解する

スポンサード リンク



このページは情報処理用語である RPO と RTO の違いに関して説明します。
ともに重大障害(リカバリが必要)が発生した場合のための指標となる言葉です。システムが継続できないため、バックアップからデータを復旧したり、あるいは遠隔のデータセンターへのシステム切り替えなどが必要となります。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明RPORTO
概要RPOとはデータ障害が発生した場合、どのくらい前の状態に戻すかの目標指標。
RPOとはデータ障害が発生した場合、どのくらいの時間で復旧が完了するかの目標指標。

一言でいうとどこまで戻せる?復旧にどのくらいかかる?








【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。