ssh と telnet の違いを簡単比較表で説明

スポンサード リンク

このページでは ssh と telnet の違いに関して説明します。リモート機器に接続する場合、どちらを使うべきでしょうか。ちょっとしたテスト環境ならtelnetでしょうが、セキュリティの確保が必要な場合は絶対にsshです。

Linuxでもデフォルトでsshが入っており、簡単に使えるのでぜひ試してみてください。とても簡単にセットアップできます。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明sshtelnet
概要セキュリティレベルが高いほとんどセキュリティなし
使用ポートTCP 22番TCP 23番
送信するデータ暗号化した経路(チャネル)で送信平文で送信
認証鍵やパスワードなど暗号化なしのパスワード
安全性通信を盗聴するのは困難簡単に盗聴できる
接続サーバに認証fingerprintより接続先のサーバがなりすましでないか確認可能。確認機能なし。IPアドレスを使用するしかない。
消費帯域
使用すべきネットワークインターネット経由や公衆網などセキュリティ上安全でないエリアVPN内などすでにセキュリティが確保されているエリア。あるいはテスト環境の独立LANや仮想ネットワークなどセキュリティ考慮不要なエリア。
サポートOSUNIX系、Windows系など主要なOSデフォルトでは使用できない場合が多い。別途パッケージやサービスの追加が必要。
推奨推奨できる危険なので推奨できない
有名なサーバ製品OpenSSl、Reflection for Secure IT-

関連リンク:

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。