サーバ機とPCの違い

スポンサード リンク

このページではサーバ機とPCの違いに関して説明します。
サーバ機は皆で共有する大きな機器です。分かりやすい例は「プリンタサーバ(印刷サーバ)」でしょう。プリンタサーバを一人一台持っていても経済的ではありません。皆で共有すべきです。このような用途の機器をサーバと呼びます。
色々な種類があります。一番安いのはパソコンをサーバとして使用するパソコンサーバでしょう。その他信頼性、性能などの観点より様々なアーキテクチャのサーバ機があります。

サーバ機とPCの違い


スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明サーバ機PC
概要皆が使用するサービスを提供する機器のこと。PCは一人一台使用するが、例えばプリンタサーバやWebサーバは一人一台では経済的ではないため、サーバ機として皆で共有する。
Personal Computer の略称。
明確な定義はないが、IBM PC/AT互換機を指す場合が多い。ただし昔のPC-98シリーズもPCと呼ぶ。一人一台使用するのが一般的。Windows PCが通常だが Linux などその他のOSを動かす場合もあり。さらにPCをサーバとして使用することをパソコンサーバと呼ぶ。昔はパソコンサーバは格安サーバのことを指したが、現在ではパソコンも高機能、高性能となりパソコンサーバは一般的になっている。
一言で言うと皆で共有する高機能な機器。
個人ごとに使用する格安な機器。
・PCサーバ(パソコンサーバ)
・UNIX機
・Hypervisor
・メインフレーム
・オフィスコンピュータ
・デスクトップパソコン
・ノートPC








【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。