[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧] > [ゼロクライアント、シンクライアント、FATの違い]

ゼロクライアント、シンクライアント、FATの違い

このページでは、ゼロクライアント、シンクライアント、FATの違いに関して説明します。
ゼロクライアントとは本当に表示機能と入力機能しか保有しません。ファームウェアで動作し、CPU、メモリ、ディスクを保有しません。ほとんど故障もしないでしょう。シンクライアントと異なり OSやブラウザを保有しないので、パッチ適用やアンチウィルスも不要です。


(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明シンクライアントゼロクライアントFAT PC
OS〇(有り)×(無し)〇(有り)
ドライバ必要不要必要
CPU〇(有り)×(無し)
ただし専用プロセッサが必要
〇(有り)
メモリ〇(有り)×(無し)〇(有り)
ストレージ
(OSを保存するフラッシュエリア有り)
×(無し)〇(有り)
グラフィック表示遅い早い早い
操作の快適さ×
データPC上にデータ有りデータを保有しないPC上にデータ有り
ウィルス感染のリスク〇(有り)×(無し)〇(有り)
クライアントの管理管理負荷中ほぼ不要管理負荷大
オフラインでの作業×(不可)×(不可)〇(可能)
プロトコル接続用プロトコルを使用。
専用プロトコル。ハードウェアで最適化されている。
様々なプロトコルで通信。

関連リンク:
FAT、FAT32、NTFS、exFAT ファイルシステムの違いを簡潔に説明

シンクライアントとFATの違いを簡潔な比較表で説明

ゼロクライアント、シンクライアント、FATの違い


[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧]
,







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。