シンクライアントとFATの違いを簡潔な比較表で説明

スポンサード リンク

このページではシンクラとFATの違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明シンクラFAT
コスト安い高い
セキュリティ高い

データはローカルPCに持たない。

低い

ローカルPCにデータを保存するため、紛失・盗難時にデータ漏洩の可能性があり。

性能低い

ネットワークや仮想化インフラの仕組みを経由するため性能が劣化してしまう。

早い

ローカルアクセスなので高速。

オフラインでの作業不可

ネットワーク障害で全面ダウン。

可能
メリットVDI 基盤側で集中管理が可能。マスターイメージを管理、パッチなどを適用し配布することによりコストの削減が可能。

いわゆるクライアント/サーバ方式。性能が良い。サーバあるいはネットワーク障害でも作業を続けることが可能。

さすがに2017年現在では時代遅れか。

1990年代はPCの低価格化、及びPCサーバ登場により「クライアント/サーバ」方式が流行しました。中央サーバ方式ではなく、クライアント側に処理を行わせることによりコストダウン、高性能を実現しました。

しかし仮想技術の進歩、セキュリティや運用コストの観点より、再度中央集中型のシステムが流行してきました。イメージを集中管理しハードウェアコストを削減できるシンクラが流行してきました。

しかしシンクラにも欠点があります。シンクラでもクライアント側にはOS、及びブラウザが装備されており同じくパッチ運用が必要です。また性能が出ない問題もあります。そこでさらにゼロクライアントという技術が出てきました。

関連リンク:
FAT、FAT32、NTFS、exFAT ファイルシステムの違いを簡潔に説明

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。