VDI と RDS の違い | 仮想化基盤テクノロジー

スポンサード リンク

このページでは仮想化テクノロジである VDI と RDS の違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明VDIRDS
名前仮想デスクトップインフラリモートデスクトップサービス
スペルVirtual Desktop InfrastructureRemote Desktop Service
概要・ユーザごとに仮想マシン(VM)をアサイン。

・ユーザごとに隔離(VMベース)

・サーバOS上のVMを各ユーザが共有。

・ユーザがリソースを共有。

(セッションベースで分離)

リソース消費

使用OS主にクライアントOS

主にサーバOS
アプリユーザごと

ユーザで共有

スケラビリティ(拡張性)低い。サーバあたりのユーザ数は少ない。

高い。サーバあたりのユーザ数は多い。

ユーザの権利ユーザに管理者権限を与えることは可能。独立しているので管理権限を使用することができる。

ユーザは原則管理者はNGで一般権限を与える。(管理者権限を与えると、ユーザがサーバのOS設定を変更できてしまうため)

ライセンスの合計複数OSのライセンスが必要なため、一般的に高額になる。

サーバOSのみなので一般的に安くなる。

ストレージ費用ストレージは仮想マシン分だけ必要なため、高額となる。

サーバ台数のみなので低額。

トータルコスト

イメージ

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。