バッチ処理とオンライン処理の違いとは

スポンサード リンク

このページでは"バッチ処理"と"オンライン処理"の違いに関して説明します。

(*)バッチとは「塊」という意味です。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明バッチ処理オンライン処理
概要一括して処理を行う。
リアルタイムで処理を行う。

対象一定間隔でまとめて行うべき処理。
常に最新の処理が必要なもの。
銀行での例銀行口座の利子の計算などは一日一回の処理のため、バッチで一括して処理を行う。(夜間バッチなど)
銀行の口座処理は常に最新の残高計算が必要なためリアルタイム処理となる。
証券会社での例年間損益の計算。
株式のリアルタイム売買。
アンチウィルスでの例コンピュータの検索(全ドライブスキャン)。週に一度、PCのすべてのディスクを検索するもの。

リアルタイムスキャン。ダウンロードしたファイルをその場でスキャン。








【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。