プラットフォームとOSの違い

スポンサード リンク

このページではプラットフォームとOSの違いに関して説明します。結論を言うと、OSはプラットフォームの一つです。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明プラットフォームOS
概要プラットフォームとは、広い意味で土台、基盤のこと。

「〇〇〇は×××をプラットフォームとして動く」と説明されることが多い。

OS とはプラットフォームの一つ。

例:・JavaはOSをプラットフォームとして動く。

・このアプリはJavaをプラットフォームとして動く。

・このシステムのOSはクラウドをプラットフォームとして動く。

・このシステムは仮想基盤をプラットフォームとして動く。

・Mirosoft SQL Server は Windows Server OS をプラットフォームとして動く。

・Microsoft Office は Windows OSをプラットフォームとして動く。

関連リンク:
プラットフォームとインフラの違い
フォームとフォーマットの違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。