リグレッションとデグレーションの違い

スポンサード リンク

このページではシステム開発用である「リグレッション」と「デグレーション」の違いに関して説明します。とても似ている言葉でほぼ同じ意味で使用されています。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明リグレッションデグレーション
概要regression degradation
語源語源は「リグレッション(regression)」

regression=「回帰」という意味。「回帰」とは、主に昔に戻ってしまうことをいう。

語源は「デグレード(degrade)」

degrade = 「劣化」という意味。主に品質が悪くなることをいう。

使い方例えばプログラムに何か機能を追加したとする。念のために、他の部分の機能もテストする。せっかく直したのに、何らかの原因で元に戻ってしまって(回帰)ないか確認する。例えばプログラムに何か機能を追加したとする。その機能追加により、どこか他の場所でバグ(ミス)が発生し、実は品質が落ちていましたということが「デグレッション」
テスト「リグレッションテスト」とは、今までは正常に使えていた機能を、念のため再度テストしてみること。

知らない間にその機能が昔に「回帰(リグレッション)」して品質が悪化していないか確認するテスト。

「デグレッションテスト」とは、今までは正常に使えていた機能を、念のため再度テストしてみること。

知らない間にその機能がおかしくなっていなかったか(デグレード)確認するテスト。

その他実際には「リグレッションテスト」「デグレッションテスト」もほぼ同じ意味で使われると思われる。実際には「リグレッションテスト」「デグレッションテスト」もほぼ同じ意味で使われると思われる。

実現場でも使い分けているのは見たことないです。「デグレッションテスト(先祖帰りテスト)」がよく使われるようです。

関連リンク:

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。