リモートログインと画面転送の違いを簡単説明

スポンサード リンク

このページでは、リモートログインと画面転送の違いを比較表で簡単に説明します

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明リモートログイン画面転送
概要ネットワークを経由して場所的に離れた機器にログインすること。

距離は、社内のLAN経由の場合もあれば、地理的に離れたWAN経由の場合もある。

GUIも含め、リモート機器にログインし、ログイン後の画面を転送し使用する。
画面構成キャラクタベースグラフィカルベース(GUI)
操作コマンド入力キーボード、マウス
特徴キャラクタベースなので高速転送量が多いので低速だが、各社が区数して高速転送が可能。
通信内容の暗号化sshは有り。telnetは無し。原則有り。
telnet

ssh

VMware Horizon(VMware View)

Windows Remote Desktop

Ctrix Metaframe

プロトコルtelnet、sshCitrix 「HDX」

Microsoft「RemoteFX」

VMware「Blast」

特徴コマンド入力なので操作履歴を取りやすい。コマンド入力履歴などのエビデンスが必要なリモート保守では暗号化が行われるSSHが使用される。OA環境など、クライアントを集中管理したい場合に使用する。コマンドベースではOfficeなどは操作できないので、画面転送を使用する。

関連リンク:
ソフトウェアとプログラムの明確な違い
モジュール、プログラム、ソフトウェアの主な違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。