リモートログオンとローカルログオンのログオン先の違い

スポンサード リンク

このページではコンピュータシステムにおける「リモートログオン(remote logon)」と「ローカルログオン(local logon)」の違いに関して説明します。

ログオンは「ログイン(log in)」とも言います。Windowsの今風に言うと「サインイン(sign in)」です。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明リモートログオンローカルログオン
概要ネットワーク経由で物理的に他の場所にある機器にログインすること。

リモート(remote)とは「離れた」という意味。
そのコンピュータに取り付けられたキーボードなどを利用してログインする。

ローカル(local)とは「地元」という意味。
ログオン先ネットワーク経由。同一建物内の他の機器、あるいは地理的に離れた場所にある機器。目の前の機器。
別名ネットワーク経由なので「ネットワークログオン」とも呼ぶ。対話的ログオンとも呼ぶ。(コンピュータの前で対話するようにログオンするため)
使用プログラムセキュリティを考慮し、主に ssh シェルを利用してリモートログオンする。それ以外にはリモートデスクトップなどのが利用される。
そのOSが保有する機能によりログオンする。








【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。