snmp、trap、get、set の簡潔な違い

スポンサード リンク

このページでは snmpに関する trap、get、setの違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明snmptrapgetset
概要一般的によく使用されている、ネットワーク機器を管理する仕組みのこと。あるいはそのプロトコル。名前の通りシンプル。「trap」「get」「set」及びOID、コミュニティ名などからなり仕組みが簡単。

"simple network management procotol"の略称。

snmpにおいて、障害やシステム変更などイベントが発生した場合に他の機器へ通知すること。

ネットワーク経由で機器の情報を入手(get)すること。

ネットワーク経由で機器の情報を設定(set)すること。

関連リンク:
【紛らわしい用語】snmp、smtp、ntp、sntpの違い
SNMPサービスとSNMP Trap サービスの違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。