プロキシー、ルーター、NAT の違いに関して

スポンサード リンク

このページではインターネット用語である、プロキシー、router、NATの違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明プロキシールーターNAT / NAPT
対象http、https、ftp など

IP

IP、ポート

処理代理

ルーティング(データの中継経路の選択)

変換

概要主に社内からインターネット上のサーバの接続する場合、Proxyが代理でアクセスする。

異なるネットワークセグメントと通信する場合、どのネットワークへ通信すべきかルーターが決定する。

例えば社内ネットワークからインターネットへアクセスする場合、社内のプライベートアドレスをNATでグローバルIPアドレスに変換して通信する。

概要図

OSI 7階層ではセッション層〜アプリケーション層

ネットワーク層

ネットワーク層

IPアドレス変換有り

無し

有り

関連リンク:
プロキシーとファイアウォールの違いを比較表で説明

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。