Webメールとメールソフトの違い

スポンサード リンク

このページではWebメールとメールソフトの違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明Webメールメールソフト
概要・ブラウザを使用したメール。メールソフトをPCにインストールしなくても、ブラウザ(IE、Firefox、Google Chromeなど)からアクセスできるメール。

・一般的にフリーメール(無料のメール)はWebメールとして提供される。

・PCにインストールして使用するソフト。GUIベース。プロバイダメールや企業向けメールはメールソフトを使用する場合が多い。

特徴・PCにメールソフトをインストールしなく使えるから便利。

・色々なPCや色々な場所から同じメールを使える。例えば出張先や旅行先からもインターネットにさえ接続できれば同じWebメールを使える。

・ただしYahooメールのように、Webメールでもメールソフト(Outlookなど)からでもどちらからでも使用可能なものも多い。

・POP3、IMAP4、SMTPなどの設定が不要。

・メールソフトをインストールする必要があるので面倒。メールソフトがインストールされていないと使えない。

・Webメールと異なり画面が綺麗だったり、使いがってが良かったりとメリットも多い。またローカルにメールをバックアップしたり、ローカルのファイルを簡単に添付できるなど操作性が良い。

・POP3や、IMAP4、SMTPなどの設定が必要。

Yahooメール

GMail

Hotmail(Outlook.com)

エキサイトメール

AOLメール

Outlook(Office版)

AL Mail

Thunderbird

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。