フリーメール、プロバイダメール、企業メールの違いとは

スポンサード リンク

このページでは「フリーメール」「プロバイダメール」「企業メール」の違いに関して説明します。どれもメールアカウントの種類です。
このメールアカウントを使用するためには「メールソフト」が必要となります。


スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明フリーメールプロバイダメール企業メール
概要フリーメールとは無料で使えるメールアカウント。Webブラウザ上で使うのが一般的。
プロバイダメールとはプロバイダとインターネット契約した場合に使用できるメールアカウント。
企業メールとは企業内で使用するメールアカウント。
費用無料有料社員等でないと使用できない。
信頼性一般的に匿名で取得できる。よって信頼性が低いため、フリーメールからのユーザ登録を禁止しているサイトも多い。
プロバイダと契約した時に使用できるメールアカウントのため、本名や住所がプロバイダにより確認されているのが一般的なので信頼性は高い。
企業、及びその関連グループや企業内に関連する人物のみ使用できるアカウントなので信頼性は高い。
特徴無料な分だけ、メール画面に広告が表示されたり、メールの内容が広告マーケティングに使用されたりする。
有料な分だけ、ウィルス対策機能など付加価値が付く場合が多い。
ドメイン名が企業内なので、信頼性がとても高い。たたしメールアドレスは頻繁に変更できないため、ネット上のユーザ登録などで不用意に使用すべきではない。(スパムメール対策く)

アドレス変更簡単。
プロバイダによる。
簡単には変更できない。

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。