ftp、tftp,sftp、ftps、scpの違い

スポンサード リンク

サーバ、PC間でファイルをコピーするftp、tftp,sftp、ftps、scpの違いに関して説明します。

どれもファイルを転送する機能ですが、主にセキュリティの面で大きな違いがあります。ファイル転送の仕組みが必要となった場合、どらが適するかよく検討して採用してください。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

説明ftptftpsftpftpsscp
概要一般的なFTPサーバ。昔からある、パスワードもデータも暗号化しないファイルの配布方法。FTPよりもさらに簡易なファイルの配布。ユーザ認証なし。SSH機能を使用したFTP。FTPの非暗号化の弱点を補う。

ssh通信内でftp通信を行うイメージ。

(*)ftpsとは全くの別物。
ftp通信を SSL / TLS で暗号化する。

ftpを拡張するイメージ。

(*)sftpとは全くの別物。
copy コマンドを ssh を利用して行う。
正式名称File Transfer ProtocolTrivial File Transfer ProtocolSecure File Transfer ProtocolFile Transfer Protocol over SSL/TLSSecure Copy Protocol
サーバの必要性ftp サーバが必要tftp サーバが必要SSHサーバが必要ftps サーバが必要。sshサーバが必要。クライアント間でのコピー。単にコピーであり、sftpやftpのような豊富なコマンドはなし。
認証有りなし有り有り有り
暗号化有りなしなし有り有り有り
用途匿名ダウンロード、ドキュメントの一般公開など重要でないファイルの配布。正常にダウンロードされない場合(途中で切れてしまう)もあるので、MD5ハッシュなどで確認する必要あり。ちょっとしたファイルの送受信。ユーザ認証、および通信データを暗号化したい場合。インターネット経由した重要なファイルの送受信では主にこの方式が採用される。ユーザ認証、および通信データを暗号化したい場合PC間のセキュアなコピーコマンドを実行したい場合。copy コマンドが暗号化されたようなもの。
使用ポートTCP/21(Active modeではデータ転送ポートとしてさらにTCP/20)UDP/69TCP/22TCP/990TCP/22
その他Windowsは標準で ftp.exe が添付しているが、アクティブモードのみなので使いにくい。フリーソフトでは FFFTPやFileZilla クライアントが有名。PXEブートシステムなどで簡易的に使用。クラインとはWinSCPが有名。Apache FtpServerなど。Linux ではscp 標準機能あり。

以前はB2Bのシステムではftpによるファイル送受信が行われていましたが、現在ではsftpに移行しつつあります。また巨大なデータの送受信ではセゾン情報の hulft が使われる場合もあります。さらに単にクライアント側へファイルをダウンロードされるには、https によるダウンロードという方法もあります。

関連リンク:
ファイルサーバとftpサーバの違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。