Javaにおける Path、CLASSPATH、JAVA_HOMEの違い

スポンサード リンク

このページでは Java における環境変数であるPath、CLASSPATH、JAVA_HOMEの違いに関して説明します。
Windows 環境において Java を実行する場合これらの環境変数が参照されます。必要性、意味合いは異なります。


スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明PathCLASSPATHJAVA_HOME
概要Java実行に必要なモジュールの存在するディレクトリを指定する。

java.exe や javac.exe など。

コンパイル時に必要なクラスが存在するディレクトリを指定する。

javac,exe や java.exe がCLASSPATHで指定したディレクトリから必要なクラスのファイルを取得して処理を行う。
CLASSPATH を指定しない場合は、java.exeやjavac.exe で -classpath を指定する。
JAVAがどこにインストールされたか指定する。アプリケーションによってはJAVAのインストール先情報が必要となり、この環境変数をチェックする。
(*)バイナリファイル(java.exe や javac.exeなど) の場所ではない。
ざっくり言うとJavaプログラムの場所を指定
JAVAのクラスの場所を指定
JAVAインストール先を指定
C:\ProgramData\Oracle\Java\javapath;
-JAVA_HOME=C:\Program Files\Java\jre1.8.0_91








【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。