[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧] > [crontab -e と /etc/crontab の違い]

crontab -e と /etc/crontab の違い

CentOS や redhat Linux などでは スケジューリング機能としてcron が使用されています。(Centos 7及びRedhat 7以後では anacronが使用されています。)
設定は crontab -eで設定する方法と /etc/crontab で設定する二通があります。どのように違うのでしょうか。

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明crontab -e/etc/crontab
対象ユーザ用。各ユーザが設定可能。

システム用
ユーザ名設定内にユーザ名無し設定内にユーザ名有り
設定場所/var/spool/cron/[ユーザ名]/etc/crontab
編集方法crontab コマンドで編集

(*)crontab -r は確認なしでジョブが削除されるので注意。
vi などエディタで /etc/crontab を編集する。
反映方法crontab -e で編集後に自動で反映される。crond デーモンを再起動する。
備考・crontab を使えるユーザを制限できる。
・crontab コマンドの結果はユーザごとに異なる。
-
サンプル-# cat /etc/crontab
SHELL=/bin/bash
PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
MAILTO=root

# For details see man 4 crontabs

# Example of job definition:
# .---------------- minute (0 - 59)
# | .------------- hour (0 - 23)
# | | .---------- day of month (1 - 31)
# | | | .------- month (1 - 12) OR jan,feb,mar,apr ...
# | | | | .---- day of week (0 - 6) (Sunday=0 or 7) OR sun,mon,tue,wed,thu,fri,sat
# | | | | |
# * * * * * user-name command to be executed
記述方法の違いユーザ名の記載は不要ユーザ名の記載が必要

以下はCentOSにおけるcrontab のヘルプです。


Usage:
crontab [options] file
crontab [options]
crontab -n [hostname]

Options:
-u <user> define user
-e edit user's crontab
-l list user's crontab
-r delete user's crontab
-i prompt before deleting
-n <host> set host in cluster to run users' crontabs
-c get host in cluster to run users' crontabs
-s selinux context
-x <mask> enable debugging

Default operation is replace, per 1003.2

# cat /etc/centos-release
CentOS Linux release 7.3.1611 (Core)
[root@localhost ~]#

関連リンク:

[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧]
,







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。