crontab -e と /etc/crontab の違い

スポンサード リンク

CentOS や redhat Linux などでは スケジューリング機能としてcron が使用されています。(Centos 7及びRedhat 7以後では anacronが使用されています。)

設定は crontab -eで設定する方法と /etc/crontab で設定する二通があります。どのように違うのでしょうか。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明crontab -e/etc/crontab
対象ユーザ用システム用
ユーザ名設定内にユーザ名無し設定内にユーザ名有り
設定場所/var/spool/cron/[ユーザ名]/etc/crontab
備考・crontab を使えるユーザを制限できる。

・crontab コマンドの結果はユーザごとに異なる。

-

関連リンク:

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。