quota と repquota の引数の違い

スポンサード リンク

このページではquota 及び repquota コマンドに関する違いを説明します。主に指定する引数が異なります。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明quota コマンドrepquota コマンド
概要主にユーザを引数として quota の状態を表示します。ただしquotaを設定していないとこのコマンドを実行しても何も表示されません。

主にファイルシステムを指定してquota の情報を表示します。ただしquotaを設定していないと repquota -a を実行しても何も表示されません。

キーワードユーザを指定

ファイルシステムを指定
インストール方法#yum -y install quota

(*)CentOS 7 の場合

#yum -y install quota

(*)CentOS 7 の場合

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。