TCP と UDP の違いの話

スポンサード リンク

このページでは TCP/IP ベース技術の一部である TCP プロトコルと UDP プロトコルの違いに関して説明します。ほとんどが TCP ですが、一部のプロトコルではUDPが使用されています。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明TCPUDP
概要・到着確認しながら送信する。

・順番通りに送信される。

・送りっぱなし。到着確認なし。
目的・遅くてもよいから確実に送りたい。

・途中でなくなったら困る。

・順番通りに送信したい・

・速く送りたい。

・途中でなくなってもしょうがいない。

・順番はバラバラでよい。

例:メール、Web、FTPなど。

順番は構わない、あるいは途中でなくなっても問題ない通信で行う。

例:ログファイルやゲーム

あるいはアプリで通信の制御を行うため、プロトコルでの制御が不能な場合など。

ただし syslog のようにプロトコルが TCP / UDP 両方に対応している場合もあり。

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。