ポートVLAN と タグVLANの違い

スポンサード リンク

このページでは、VLANに関して説明します。VLANとはスイッチ(L2)により仮想的にブロードキャストドメインを分割する機能です。物理的にスイッチやルーターの機能でLANの分割を行うのではなく、スイッチの機能の仮想LAN機能により分割します。
パケット盗聴のリスクが減ったり、コリジョン減少などの効果が期待できます。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明ポートVLANタグVLAN
概要スイッチのポートにVLAN番号を付ける。同じVLANに接続する機器がグループ化される。同じグループのみブロードキャストが到着する。
MACフレーム内にVLAN番号を入れて送信する。各機器がフレーム内のVLAN番号を見る。
VLAN番号を入れる場所フレームには入れない。各ポートにVLAN番号を設定して、パケットを振り分けるだけ。
フレーム内。
特徴×
一つのポートは一つのVLANにしか所属できない。フレーム内にはVLAN情報は含まれないため、複数のスイッチをまたがれない。

複数のスイッチをまたがったVLANの作成が可能。一つのポートを複数のVLANに所属させることが可能。
フレーム内のVLAN情報無し
有り
複数スイッチのまたがり不可
可能

関連リンク:
「インターフェース」「NIC」「ポート」の違いに関して
アウトプット(Output) とエクスポート(Export) の違い
ftps と sftp の違い | フォルダのput、ポート、クライアント証明など
ポート開放、NAT、DMZ、ファイアウォールの違い







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。