シェル、コンソール、端末、コマンドラインの違いを比較表で解説

スポンサード リンク

このページでは「まぎらわしい」言葉であるシェル、コンソール、端末、コマンドラインの違いをざっくりと説明します。環境やOSなどで多少表現が異なる場合がありますが、なんとなく理解する場合に参考にしてください。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明シェルコンソール端末コマンドライン
概要シェルとはOSを操作するプログラムのこと。CUI用とGUI用がある。
コンソールとは(その機器に物理的に付属している)機器を操作するための装置、あるいはプログラム。一般的にローカルにある。
端末とは機器を操作する装置あるいはプログラムのこと。
機器から物理的に離れたところにあるイメージ。
コマンドラインとは文字を打ち込んで機器を操作するプログラムのこと(インターフェース)。原則としてマウスは使用しない。
Windowsの場合の例GUI:デスクトップ、エクスプローラ

CUI:コマンドプロンプト(旧 MS-DOS窓)、Powershell
ローカルの対話的操作画面
Teraterm、リモートデスクトップ
(などが動作するPC)
コマンドプロンプト(旧 MS-DOS窓)、
Powershell
Linuxの場合の例GUI:GNOME

CUI:bash
ローカルの対話的操作画面
ssh、X-Windows クライアント(などが動作するPC)bash
スペルshellconsoleTerminalcommandline








【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。