[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧] > [アンインストールと削除の違い]

アンインストールと削除の違い

アンインストールと削除の違いに関して説明します。ほぼ同じ意味で使われますが、まれに削除を「インストールされたプログラムを手動で削除する」意味で使う場合もあるので注意してください。

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明アンインストール削除
概要ソフトウェアをアンインストールするとは以下のことを行う。

インストーラーによりインストールされたプログラムなどを削除し、さらにインストーラーにより設定された設定を元に戻すこと。
ソフトウェアを削除するとは、ソフトウェアに関連するファイルを削除すること。

(*)ただし"削除"="アンインストール"の意味の場合もあり。
実行するものアンインストールでは主に以下を行う。

・インストーラーがインストールしたファイルを削除。
・インストーラーが変更した設定を元に戻す。(Windowsの場合はレジストリなど)
・インストーラーが追加したメニューやショートカットを削除。
・最後にアンインストーラー自身を削除。
削除は主に以下を行う

・インストーラーがインストールしたファイルを削除。

英語名uninstalldelete

関連リンク:
インストールとアンインストールの違い
インストールとアンインストールの違い
クリーンインストールと上書きインストールの違いとは
DVDによるWindowsインストールとWindows上からのインストールの違い
del /s /q コマンドとエクスプローラの削除の違い
"ディスクのクリーンアップ"と"今すぐ空き容量を増やす"の削除項目の違いに関して

[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧]
,







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。