pst、ost、pab の違い | Outlook メールクライアント

スポンサード リンク

Outlook クライアントはさまざまな設定ファイルを生成します。このページでは拡張子が .pst、.ost、.pab であるファイルに関して違いを説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明pstostpab
概要サーバ上のメールをローカルにバックアップ(移動、コピーなど)したファイル。

Exchange などサーバベースメールのローカルでのキャッシュ。

アドレス帳。

どのような場合・メールサーバ上のメールをバックアップしたい。

・メールサーバ上の容量が足りなくなりローカルに移動させたい。

・Exchangeサーバなどに接続できない環境でもこのキャッシュを使用してローカルで作業が可能。

・Exchangeサーバのキャッシュモード。

要するにネットワークが使えない場所でも作業を実施し、後でネットワークに接続したら作業内容を同期する。

友人、知人などのアドレスが保存されるアドレス帳。

対象POP3、IMAP、Webメール、Microsoft Exchangeサーバなど。

Exchange、GMail、IMAP、Outlook.comなど。(*)プラットフォームやバージョンにより異なる可能性あり。

関連リンク:
administrator(ビルトイン) と administrators(グループ)の違い
共有フォルダにおける everyone と guest の違い
"管理者として実行"とadministrator権限の違い
UT、ITa、ITb、ST、UAT の違い
ServerService(サーバサービス)とWorkstationService(ワークステーションサービス)の違い
taskkill と tasilist の違い
InstallUtil.exe と sc.exe の違い
Windows Server と Windows Storage Serverの違い
Windows Storage Server と Linux NAS の違い | メリットとデメリット比較
tasklist で表示される Services、Console、RDP-TCPの違いは
localhost と 127.0.0.1 の違い
rest と soap のシンプルな比較表

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。