API と DLL の違いを比較表で簡単説明

スポンサード リンク

このページではAPIとDLLに関する違いを比較表で説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明APIDLL
概要OSやアプリやWebさび巣の機能を使用するためのインターフェース(窓口)
機能などが入ったファイル。
どうやって使う?プログラムからコール(呼び出して)使う。
プログラム本体に機能としてくっつけたり(静的リンク)、実行時にロード(動的リンク)して使う。
特徴・Web API などは常に最新ば使用できる。
・APIは呼び出すだけなので手軽に使える。
・ソフトウェアごとに機能を保有したり作りこんだ入りする必要がない。
・アクセスが速い。
・静的リンクした場合、アップデートしたら本体の更新が必要となり面倒。再リンクが必要。
・製品として販売するなどアプリを渡す場合はパッケージ化すればよいので便利。

関連リンク:
アプリケーション(exe)とDLLの違い
lib と dll の違い







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。