コメントとコメントアウトの違い

スポンサード リンク

このページでは「コメント」と「コメントアウト」の違いに関して説明します。プログラミングに限定して比較して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明コメントコメントアウト
概要機械(コンパイラやインタープリタ)にとっては意味がないが、人間にとっては見て分かるようにソースに記載された文書のこと。コメント文、リマーク(remark)とも呼ぶ。
「意味があった命令文など」をコメントに変更すること。命令文などを消さずにコメントとして残しておくこと。
後で再度必要になった場合、コメント文を削除して再度命令文に変更することも可能。
rem これはコメント文です。

// これはコメント文です。
【コメントアウト前】
a=a+1

【コメントアウト後】
rem a=a+1
その他-例えばデバッグ用のコードなど無用になった場合はコメントアウトする。再度デバッグが必要になった場合はコメントを消して使用するする。








【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。