マネージメントコードとアンマネージメントコードの違い

スポンサード リンク

このページでは、Microsoft.NET環境におけるマネージメントコードとアンマネージメントコードの違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明マネージドコードアンマネージドコード
概要マネージドコードとは、Microsoft.NETの共通中間言語(CIL:Common Intermediate Language)のみで構成されるMicrosoft.NET用のプログラムコード。
CLR(Common Language Runtime)環境上ならプラットフォーム(OSやハードウェア)を問わず動作可能な点が大きなメリット。
CLR に準拠しないコードを含む。
特殊なハードウェアで動作させるため共通化できない、中間コードではなく実行可能コードを含ませ高速に動作させたいなどの事情による。
CLRに準拠準拠する。
準拠しないコードを含む。
メリットプラットフォームに依存せずに動作可能。
プラットフォーム依存になる可能性。
デメリット動作が遅い
カスタマイズや高速化が可能。








【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。