SE と プログラマの違いとは | プロジェクトのフェーズとその役割

スポンサード リンク

このページでは「SE」と「プログラマ」の違いに関して説明します。



主にプロジェクトにおいてかかわるフェーズが異なります。SEといっても意味は広いのですが一般的にはプロジェクト全体(営業フェーズや保守フェーズも含む)にかかわります。一方でプログラマはプログラムの設計/開発/テストフェーズにかかわります。

営業、SE、プログラマ、CEの違い



ただしSEといってもプロジェクトマネージャ、プロジェクトリーダー、タスクリーダーなど様々な役割があります。このページではその詳細は省略します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明SEプログラマ
概要システム全体にかかわるエンジニア
プログラミング(コーディング)を専門としたエンジニア。
必要なスキル・プロジェクトマネージメント
・コミュニケーション力
・IT知識全般
・プログラミング技術(Java、C++、Python、PHP、Powwershelなど)
・テスト技法
・プログラム設計力
参入障壁日本語の壁、日本の習慣から日本においては日本人以外は困難。
コーディング言語は世界共通なので、日本以外で単価が安く優秀なエンジニアを確保することが可能。ただし要件をうまく伝えられるかが重要なポイント。

スペルSystem Engineer
Programmer

Program(プログラム) とは"コンピュータを動作させる設計書、命令書"のこと。この"プログラム"を作るという意味で"プログラマー"と呼ばれる。

最近では「PoC」や「アジャイル」など短期でのプロトタイプ的なシステム構築のニーズが多数発生しています。また RPA ということでちょっとした作業でも自動化、機械化する必要が発生しています。以前はプログラマは単価が安い作業と思われていましたが、デジタルトランスフォーメーションもあり、エンジニアはプログラムスキルが必須となってきています。フルスタックエンジニアも重宝されていますが、英語や語学と同様にプログラムスキルも身に着けたいところです。







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。