「対象オブジェクト」「文字イメージ」「画面内の座標」の違いに関して

スポンサード リンク

このページでは、RPA(Robotic Process Automation)における操作対象である「対象オブジェクト」「文字イメージ」「画面内の座標」の違いに関して説明します。

RBA製品がどのような作業が自動化可能かを評価するには、何の操作対象をサポートしているのか確認する必要があります。特に画像を文字認識して操作することが可能かが一つのポイントとなります。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明対象オブジェクト文字イメージ画面内の座標
概要Windows のダイアログ、メニュー、ウィンドウなどのオブジェクトに対して操作する。

画面上の文字や図形やイメージなどを認識、識別して操作する。

例えば画面の左上を座標として、(x,y)に対して操作を実行する。

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。