SMSとSNSの明確な違い | ややこしい言葉

スポンサード リンク

このページではよく似ている言葉である「SMS」と「SNS」の違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明SMSSNS
概要携帯、スマホの電話番号宛てにメッセージを送るシステム。メールアドレスを持ってなくても(作らなくても)簡単なメッセージ送信が可能な点が特徴。インターネット経由で知人、友人、家族、同じ趣味の人、有名人などと交流するためのシステム。
正式スペルShort Message ServiceSocial Networking Service
メリットメールアドレス不要。キャリアをまたがっても相手の電話番号さえ知っていれば送信できる。

また原則有料であるため、迷惑メールを受けにくい。E-メールは送信コストが極めて低いため、迷惑メール業者はE-メールで大量に迷惑メールを送ることがコスト的に可能となる。
など。
実社会では会いにくい(大昔の同窓会や疎遠になっている知人。あるいは同じ趣味の人など)人とSNSを通じてつながることができる。
など。
デメリット短文しか送信できない。2017年現在では画像や動画などは送信できない。
など。
個人情報がインターネットに公開されるため、セキュリティ上リスクとなる。
など。
例:NTT、Softbank、KDDI など多数でSMSサービスを提供している。Facebook、Mixiなど
その他-(2017年現在では)Twitter は正確には SNSとは言えない。交流が目的ではなく、簡単な情報発信が主目的であるため。








【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。