[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧] > [画面のスクリーンショットを取得する 4 種類のキーストローク | クリップボードやファイルへ保管]

画面のスクリーンショットを取得する 4 種類のキーストローク | クリップボードやファイルへ保管

このページでは Windows 環境にてスクリーンショットを取得する方法を紹介します。

全画面を取得する


フルで取得します。[Prt sc]キーを押すとクリップボードに取得されます。ただし機種によっては[prt sc]などです。クリップボードにコピーしたら、ペイントブラシ(mspaint.exe)などで張り付けて活用することが可能です。

全画面を取得



[Prt sc]キーとは次のような絵柄のキーです。

プリントスクリーンキー



アクティブなウィンドウのみ


アクティブなウィンドウ(一番手前のウィンドウ)のみ取得する方法です。[Alt] キーを押しながら[Prt Sc]を押すとクリップボードにコピーされます。

アクティブウィンドウのみ取得



指定した範囲


画面内で指定した範囲のみ取得する方法です。マウスで長方形を指定してコピーします。

[Win] + [Shift] + [S] を押すと画面が白くなるためマウスで長方形を描いてください。これでクリップボードにコピーされます。

指定した範囲のハードコピーを取得



[Win] とは次のようなマークの付いたキーとなります。

Windowsキー



ファイルへ自動的に保存する


今まではクリップボードに保存する方法でしたが、最後は取得した画像を自動的にファイルへ保存する方法です。


[Win] + [Prt Sc] でその瞬間ファイルへ保存されます。保存場所はユーザごとに異なります。

C:\Users\<ユーザ名>\Pictures\Screenshots

フォルダに保存されます。ファイル名は自動手的に スクリーンショット (<番号>).png

となります。<番号>は取得ごとに1づつ増えていきます。

スクリーンショットの自動保存




次の表ではこれらの機能をまとめています。

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明全画面を取得アクティブなウィンドウを取得指定した範囲ファイルに保存
キーストローク[Prt Sc]
[Alt] + [Prt Sc]
[Win] + [Shift] + [S]
[Win] + [Prt Sc]
取得先クリップボードクリップボードクリップボード
あるいは
OneNote
C:\Users\<ユーザ名>\Pictures\Screenshots

関連リンク:
モニター、ディプレイ、スクリーンの違いを比較表で確認

[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧]
,







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。