電子証明書と電子署名の違い

スポンサード リンク

このページでは電子証明書と電子署名の違いに関して説明します。

これらの技術はメッセージのなりすまし防止と改ざん防止を防ぐ技術で、現在のIT社会の基礎技術となります。特にインターネット経由でメッセージを交換する場合などは無くてはならない技術です。よく出てくる言葉なので違いをおさせておいてください。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明電子証明書(デジタル証明書)電子署名
概要「とても信頼できる第三者」により発行された証明書のこと。「電子証明書」により「メッセージ」に「電子署名」を付けることができる。これによりファイルの作成者が保証され、かつ改ざんされていないことも保証される。
例えると印鑑証明書。書類に押された印鑑。
構成公開鍵、発行者名、発行認証局の情報など基本は「メッセージ」に「電子署名」と「電子証明書」を付ける。

関連リンク:

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。