共通鍵方式と公開鍵方式の違いに関して

スポンサード リンク

このページでは暗号で使用する共通鍵方式と公開鍵方式の違いに関して説明します。

共通鍵の場合はどのように共通鍵を交換するかが難しくなります。一方で公開鍵方式の場合は公開鍵は誰に見せてもよいので実現しやすくなります。しかし公開鍵方式は処理速度が遅く大量の通信を送受信するには向いていません。

よって SSL/TLS通信では、初めの共通鍵の交換を公開鍵方式で実行し、共通鍵が確保できたら処理速度が速い共通鍵方式で通信を行う方式となります。


スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明秘密鍵暗号方式 (別名は対象鍵暗号、共通鍵暗号)公開鍵暗号方式
暗号化と複合化で同じ鍵を使用。
暗号化と複合化で異なる鍵を使用。
使用する鍵共通鍵(暗号化、複合化)
公開鍵(暗号化)
秘密鍵(複合化)
秘匿性鍵は秘密にする必要あり。

秘密鍵は秘密。
公開鍵は誰に見せてもよい。
DES、AES、Triple DES など
DSA、RSAなど
処理速度早い遅い
SSL/TLSでは通信に使用する。
主に共通鍵の交換時に使用する。

英語名は以下の通り。

秘密鍵暗号方式 (secret key cryptosystem)
対称鍵暗号方式 (symmetric key encryption scheme)
共通鍵暗号方式(common key cryptosystem)

公開鍵暗号方式(Public-key cryptography)







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。