[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧] > [脆弱性とセキュリティホールの違いとは]

脆弱性とセキュリティホールの違いとは

このページでは「バグ、不具合、欠陥ん」と脆弱性とセキュリティホールの違いに関して説明します。

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明バグ、不具合、欠陥脆弱性セキュリティホール
概要ソフトウェアなどの設計ミス、設計漏れ、欠陥のこと。

セキュリティに関するバグのこと

ほぼ脆弱性と同じ意味で使用される。脆弱性とセキュリティホールはそれほど違いを意識する必要はなし。

使用例1:
OSに脆弱性が見つかった。この脆弱性によって応じたセキュリティホールを攻撃する攻撃手法が見つかった。

使用例2:xxxxxというソフトウェアに脆弱性が見つかった。このソフトウェアのポート番号 = xx番にセキュリティホールがあり、xxxという文字列を送信すると特権を乗っ取ることができる。

関連リンク:
脆弱性データベース、組織関連の用語集

[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧]
,







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。