完全化保守、緊急保守、予防保守の違いを理解する

スポンサード リンク

このページではソフトウェアの保守(改良したりバグを修正したりすること)の種類に関して説明します。

完全化保守、緊急保守、予防保守の比較


スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明完全化保守緊急保守予防保守
種別改良
訂正
訂正
概要障害対応ではなく、「使いやすくする」「性能を向上する」などの修正。
障害発生後に修正。
障害発生前に修正。(あるい意味障害前に直せてラッキーということ)
ユーザの入力時に入力に関する説明文を表示する。ソフトウェアでユーザが 0を入力したところ、0による除算によりエラーが発生しシステムが停止したため、0の入力を拒否するロジックを追加した。

ソフトウェアのコードレビューを行ったところ、ユーザが 0 を入力すると、0による除算によるエラーが発生することが判明したため、0の入力を拒否するロジックを追加した。

スペルPerfective Maintenance
Emergency Maintenance
Preventive Maintenance

関連リンク:
保守と延長保守の違い | ハードウェアのメーカ保守

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。