NAS、SAN、ファイバチャネル、iSCSI の違い

スポンサード リンク

このページでは NAS、SAN、ファイバチャネル、iSCSIの違いに関して説明します。

NAS、SANともにストレージとしてアクセス可能な機器です。SANは本格的なストレージシステムで高価なストレージシステムとなります。一方でNASはファイルサーバ専用のサーバというイメージです。Windows Server や Linux サーバをNASとして利用しているケースも多くSANと比較して安価となります。

ファイバチャネルとiSCSIはデータ転送方式ですが、SANで使用されます。一方でNASでは TCP/IP上でWindows のCIFSや UNIX系のNFSなどが使用されます。




スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明NASSANファイバチャネル(Fibre Chanel)iSCSI
何か?低価格なストレージシステム。
高価なストレージシステム。
高速なデータ転送方式。
イーサネットを利用したストレージコマンド転送方式。
概要ストレージ専用のサーバ。ネットワーク経由(主にTCP/IP)でアクセスする。
ストレージシステム。アクセスにはファイバチャネルやiSCSI など高速プロトコルでアクセスする。
長距離、高速なデータ転送方式の一つ。光ファイバーや同軸ケーブルなどを使用。
SCSIコマンド、データの転送をIPに変換して通信する方式。ディスクアクセスにLANを使用することができる。
スペルNetwork Area StorageStorage Area NetworkFibre ChanelInternet Small Computer System Interface
備考Windows Server や Linuxなどを利用。
専用の高価なストレージ。
--

(*)その他、FCoE(Fibre Channel over Ethernet)というプロトコルもあります。これはSAN とLAN上で動作させるために考えられたプロトコルです。







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。